カテゴリー ‘メディア’ のアーカイブ
徒然なるままに

産経新聞のお寒い経営状況

左派系メディアの『週刊金曜日』が最新号(11月1日号)で産経新聞に関する特集を組んでいる。それによると、右派言論が席巻するかのような時代にあって、産経新聞社は大幅減益で大規模なリストラを進めるなど、深刻な経営危機に陥っていると指摘している ...

ゾンビ復活を許した日本社会の民度

事実的根拠の伴わない虚偽内容の告発キャンペーンを手掛けた記者が、架空の事件を大きく見せるためわざわざ訴訟を起こすことを勧め、自ら弁護士まで紹介していた「信平狂言事件」。1996年に起こされたこの典型的なスラップ訴訟は、2000年以降に多発 ...

「元祖・捏造記者」門田隆将のやったこと

昨日付の日経新聞夕刊(社会面)に、スラップ訴訟に関する分析記事が掲載されていた。嫌がらせ提訴で批判を封じこめることなどが主目的のスラップ訴訟の特徴として、同記事は(1)主張に事実的あるいは法的な根拠がない(2)そのことを知りながらあえて提 ...

ペテン師・山崎正友に誑かされた人物

日蓮正宗前法主の阿部日顕(96)は宗教者としては「異常な行動」で名を残している。静岡県の弱小教団にすぎなかった日蓮正宗を、戦後、創価学会が献身的に支えて世界に広がる宗教に展開したにもかかわらず、山崎正友という元弁護士のペテン師に「20万人 ...

憎悪産業の卑しさ

 「憎悪産業」が真っ盛りの時代となった。メディアや政治家が大衆の憎悪を煽り、売り上げや集票に結び付ける手法といえる。私が見るに、この手法を手掛けたのは花田紀凱という人物で2005年ごろからだ。「憎悪産業」が掘り起こしの対象とするのは、大衆 ...

宏池会名誉会長の提言

本日付のしんぶん赤旗に、『憲法9条は世界遺産』と題する新刊書籍の広告が出ていた。著者は自民党元幹事長で宏池会名誉会長の古賀誠元代議士。版元のかもがわ出版が共産党系であることは承知の上のことと思われるが、安倍政権がひたすら突き進む改憲路線に ...