カテゴリー ‘メディア’ のアーカイブ
徒然なるままに

昨日のBSフジプライムニュースについて

昨晩、BS番組で日本学術会議に関する討論会が開催された。出演者は4人で、同会議の会長を2011年から17年まで務めた大西隆東京大学名誉教授と、今回の任官拒否された6人のうちの1人、岡田正則早大大学院法学研究科教授、猪口邦子自民党参議院議員 ...

全国紙にも広がったファクト・チェック

新聞でファクト・チェックを最初に始めたのは沖縄の新聞・琉球新報ではなかったか。2018年の沖縄知事選において、多くのデマが横行するのに対処するため、紙面でデマである根拠を示し、事実かどうかをファクトに基づいて読者に提供したのが始まりではな ...

“デマ製造機”門田隆将こと門脇護の現状

「中国の軍事には協力する倒錯組織」(10月5日) 「敵となる中国の軍事技術に協力する組織」(10月6日) この文章は、門田隆将こと門脇護という人物が自身のツイッター上で、日本学術会議について事実摘示した文章である。現在、新聞や ...

「敵」というレッテル貼りについて

中国を「敵」とみなして盛んに振る舞っている者がいる。世の文化人という中の一部にそういう人間がいる。物事を短絡化させることはわかりやすさにつながる。そのため昔からファシズムには短絡化は不可欠で、敵と味方に二分化する手法が有効・不可欠であった ...

しんぶん赤旗の価値と日共の限界

しんぶん赤旗日曜版が「桜を見る会」の問題をスクープしたことで、本年度のJCJ賞を受賞したことが報じられている。本日付日刊紙のしんぶん赤旗に日曜版編集長の受賞のスピーチが掲載されているが、この編集長とは一度だけ面識がある。いま話題になってい ...

取材記者と役人の関係

東京新聞の社会部記者が厚生労働省を取材した際、机を叩いたりして威嚇行為を行い、取材現場から外されたという記事が出ていた。理由はアベノマスクの単価などを情報公開請求したが開示されず、担当職員に取材した際に、行き過ぎた行為があったらしい。記者 ...