カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

わいせつ教師を拒否する仕組み 衆院で可決

与党のワーキングチームを中心に法案をまとめたわいせつ教員の職場復帰に規制をかける法案が昨日、衆院で可決された。参院に送付され、今月中にも可決・成立の見通しという。法案の主な内容は、わいせつ行為で懲戒免職になった教員への免許再交付を都道府県 ...

すべては優先順位に

政治の世界では「優先順位」の失敗はそのまま死活問題に転化する。コロナ無策が要因となって政権を二度までも投げ出した安倍前政権の後を継いだ菅政権が、第1の優先課題とすべきだったものは当然ながらコロナ対策であった。この問題に万全の手当てをし、国 ...

本当の勝負は来年の参院選

ある地方紙で「一大決戦は来夏参院選」の見出しが目についた。ことしの総選挙がどのような結果になるにせよ、来年夏の参院選こそが与野党の本格決戦になるという見立てである。仮に万が一、野党が政権を握ったと仮定したとしても、参院では自公が過半数を占 ...

小選挙区制25年

現在、読売新聞政治部が上記のタイトルの「語る」と題するインタビュー記事を掲載している。3回目の本日付は公明党の前代表である太田昭宏代議士だ。現在の衆院小選挙区制の選挙が始まって25年。太田前代表はこの間、政党の力が強くなり、風頼みの議員が ...

ワクチン敗戦国のゆくえ

本来なら当然ながらその技術力をもっていながら「国産ワクチン」の開発活用に至らず、さらに他国からのワクチン供給確保にも失敗している日本。本日付の産経新聞は国民の半数近くがワクチン接種を受け、感染が激減したためにマスク着用なしに酒場で日常生活 ...

共感なき政治

防衛省が沖縄本島南部の土砂を辺野古沿岸部の埋め立て使用に検討している問題が、沖縄では大きな問題となっている。76年前、本土住民の捨て石となった沖縄戦の犠牲者の多くが南部地域で亡くなった。当然ながら多くの遺骨もまじっている。その骨を基地建設 ...