カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

デマで法律違反を擁護する門田隆将

過去に致命的な捏造・盗用などを繰り返しながら、わいせつ教師が教育現場に復帰する弊害と同様に、メディア界でのうのうと生き延びる門田隆将こと門脇護(62)。この人物のデマ体質は週刊新潮時代から続くいわば「折り紙付き」ともいえるものだが、今回の ...

昨日のBSフジプライムニュースについて

昨晩、BS番組で日本学術会議に関する討論会が開催された。出演者は4人で、同会議の会長を2011年から17年まで務めた大西隆東京大学名誉教授と、今回の任官拒否された6人のうちの1人、岡田正則早大大学院法学研究科教授、猪口邦子自民党参議院議員 ...

負の特質

本日付の毎日新聞で加藤陽子さんがコラムを掲載している。いうまでもなく今回日本学術会議で任命拒否された6人のうちの1人だ。私はこの人が6人の中に入っていなかったらこの問題にそれほど強い関心を持たなかったかもしれない。この方の著作に最近も助け ...

デマだらけの日本学術会議関連情報

菅新政権が行った日本学術会議の任官拒否問題が後を引いている。本日付の東京新聞は、ある自民党議員がこの組織が中国の「千人計画に積極的に協力している」とブログで書いたものの、最近になってこっそり「間接的に協力しているように映ります」と書き換え ...

歴史の教訓を忘れた風潮

日本学術会議問題の本質は、日本の国家のありようの変化と関係している。もともと戦争を二度としないことを誓った状況でつくられた組織と、それから70年以上をへた現在とでは、状況が大きく変わっており、そのせめぎ合いが表面化した形にも見える。もとも ...

菅首相ちょっと

日本学術会議の問題はしばらく尾を引くことになりそうだ。昨日菅首相は「学問の自由を侵害しない」と弁明したそうだが、本日付の朝日新聞で、豊秀一編集委員は逆のことを指摘している。つまり、日本学術会議の推薦責任者の立場になればよくわかる。一括して ...