カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

ワクチン敗戦国の教訓 安倍政治がもたらしたもの

本日付日経新聞の名物コラム「大機小機」は、新型コロナウイルスのワクチン接種において日本が「後進国」に堕している現実を取り上げ、さらに多くの分野で「後進国」となった姿を具体的に指摘している。それによると、「ワクチン後進国」「デジタル後進国」 ...

日本がワクチン開発できない要因は予算配分の失敗

本日付の東京新聞は1面トップで、科学技術国であるはずの日本でいまだに新型コロナウイルスに対応するワクチンを開発できないでいる原因について説明する記事を掲載した。それによると、2018年にそれまで進んでいた研究への予算措置が止められ、それに ...

3月の自殺増加を前に

1年のうち、年度の切り替えとなる3月には自殺の傾向が増すという。特にコロナ禍になって10年ぶりに自殺数が増加に転じた現在、この3月の自殺予防対策が問われる。自殺防止の支援団体なども相談体制を拡充し、この3月に向けた取り組みを進める中、東京 ...

政治にウソを持ち込むなかれ

7年8カ月におよんだ安倍政治(第二次安倍政権)と4年間のトランプ政治が残したものは共通する。政治の基盤にウソを持ち込んだことだ。その結果、アメリカ大統領選挙では実際には負けたのに本当は大勝したというトランプの妄想は、アメリカだけでなく、日 ...

自民党大敗北の予兆

都議選や総選挙の“前哨戦”となる北九州市議選が開票された。結果は自民党の大幅減、立民の全員当選、公明と共産は現状維持、維新が議席奪還という結果だった。これらは麻生内閣時のそれと似たような傾向を示している。公明党は遠山問題で逆風にさらされた ...

民主主義を危うくする独裁者の共通点

アドルフ・ヒトラーとトナルド・トランプには多くの共通点がある。一つは魅力ある人間として国民的人気を博したことだ。第2に民主主義が嫌いだった。議論して多数決で決める民主主義のルールを嫌悪した。第3にウソを多用した。虚実とりまぜて巧みに語る姿 ...