カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

普遍的価値を否定する政治

中国政府が香港で行おうとしている行為は民主主義の普遍的価値に反するものだ。同様に日本国内でも政権維持のために「嘘」と「ゴマカシ」を多用する手法は、民主主義の普遍的価値に背くものだといえる。その意味で、習近平の政治と安倍政治は深いところで共 ...

首相待望論について

最近ツイッター上で日本共産党・志位委員長の首相待望論があるのを目にして驚いた。確かに同委員長は小沢政治塾の講演で、野党連合が政権をとって首相になる人がいない場合は自分がなってもいい旨を公言している。政党として98年もの歴史の中でただの一度 ...

法務省という役所について

事務次官が一番の高位役職ではない特殊な省庁として、法務省や外務省があげられる。法務省では最高位は「検事総長」、次に東京や大阪の「高検検事長」、「法務事務次官」はその次くらいにくるポストだ。外務省の事務次官のあとに、米国駐在大使に転任するの ...

実質廃案となった検事の特例定年延長問題

検察幹部の特例定年延長を盛り込んだ検察庁法改正案について昨日、安倍首相は今国会では成立を見送る考えを表明した。本日付でそう書いた新聞は見当たらないが、事実上の廃案に近いと思う。いちおう継続審議で秋の臨時国会につなげると政府は説明するが、秋 ...

住民土着型政党

公明党が政権離脱をかけて安倍首相に迫ったとされる給付金10万円問題。珍しく同党がイチかバチかの賭けに出たのはまぎれもなく支持者からの無数の声に支えられたものであったことは明らかだ。当初案の困った人への30万円だけでは、そこに入らない人との ...

嘘のない政治は実現不可能なのか

まともな会社、団体、組織は必ず賞と罰を明確にする。「信賞必罰」の語に象徴されるが、功績があれば賞を与え、罪があれば必ず罰する。賞罰のけじめを厳正にし、確実に行う。もしこの原則がなおざりにされるとすれば、その会社、団体、組織は健全さを失い、 ...