産経紙面のちぐはぐさ

本日付産経新聞の5面に「論説委員兼政治部編集委員」のコラムが掲載されている。その中で、日本の共産主義者をリベラルと同義に位置づけ、「迫り来るリベラル全体主義」などと書き飛ばしているが、粗雑なこと極まりない。なぜながら共産主義はリベラルでは ...

志位和夫が語った公然たるウソ

本日付のしんぶん赤旗に掲載された志位委員長の「日本共産党がめざす社会像」というページは興味深い。特別講義において生徒の質問に志位氏が答える場面がある。そこで生徒から日本共産党が権力を握った場合、思想弾圧や人権弾圧が行われる可能性がないのか ...

「偽造」した署名で知事追い落としを図った右派勢力

愛知県の大村知事のリコールを求めるために行われた署名運動で、肝心の署名の大半が金で雇ったアルバイトに偽造させたものであったことが発覚し、騒動になっている。この署名を推進したのは高須クリニックの高須院長を代表とするグループで、名古屋市の河村 ...

G7首脳が東京五輪開催を容認

G7首脳が2月19日、昨年4月以来のオンライン・テレビ会議を行い、その中でこの夏に予定される東京オリンピックについて、「日本の決意を支持する」との一文が首脳声明に明記されたと報じられた。国際協調主義を標ぼうするアメリカのバイデン大統領や日 ...

政権獲得の「夢」を露わにする共産党

本日付の「しんぶん赤旗」に今週号の「週刊金曜日」で志位委員長がインタビューに応じたことを紹介する記事が掲載された。ここで志位氏は政権交代を訴え、さらにその際に共産党が政権入りすることを願望する旨を訴えている。赤旗記事によると、立憲民主とは ...

本命のガセネタ屋

もう多くの人には忘れられた存在だろうが、昔「ガセネタ屋」と評された人物がいた。取材した事実よりも、自分がこうあってほしいという願望のほうを重視して記事を作成するため、何度も裁判で負け続けた人物だった。だがこの人物に負けず劣らない人間が最近 ...