2021年1月の月別アーカイブ
徒然なるままに

大阪事件無罪判決から59年

本日1月25日は若き日に創価学会の池田名誉会長が選挙違反容疑で逮捕起訴された刑事裁判で、大阪地裁で無罪判決が出された日から59年となる。1962年1月25日から2年近く前の1960年5月3日にすでに創価学会の第3代会長に就任していた池田名 ...

小説とノンフィクションの境い目

学生時代、ノンフィクション研究会というサークルに所属した。柳田邦男や沢木耕太郎、鎌田慧といった人たちの作品を読んだり、直接本人に会いに行ったりした。それでいてこれまでちゃんとしたノンフィクション作品を書いたことは一度もなかった。現在、ある ...

日本のネット民が陰謀論にハマる理由

アメリカ大統領選において選挙で敗北したトランプ陣営が、選挙以外の手段で結果をひっくり返そうとあがいたこれまでの経緯。1日200万円の報酬で雇われたというジュリアーノ弁護士(元ニューヨーク市長)をはじめ弁護団が、多くのウソをふりまいた。不正 ...

新アメリカ大統領と核廃絶元年

本日付の朝刊各紙はアメリカで新大統領の就任式が行われたニュースと核兵器禁止条約がようやく発効するニュース、さらに日本の河井案里議員が東京地裁で有罪判決を受けたニュースが混在している。アメリカのバイデン新大統領は就任演説の中で「民主主義」と ...

宮本百合子没後70年と白鳥警部殺害から69年

宮本百合子の名前を聞いてピンと来る人はすでに少ないだろう。日本共産党員の女性作家で、戦後の同党を再建した宮本顕治の元妻である。治安維持法下で逮捕され、刑務所暮らしをした戦中の宮本のもとに献身的に差し入れを続けた。現在も同党においてはプロレ ...

オリンピックのみの最小開催を

このコラムですでに書いているように私が今回の東京五輪の開催にこだわるのは自分が取材してきた空手が初めて正式種目となり、その競技で金メダルを目標に稽古してきた選手たちの姿にまがりなりにも接してきているからだ。真剣勝負の競技は、人びとの心にさ ...