カテゴリー ‘捏造記者’ のアーカイブ
徒然なるままに

猿回しの猿は2度踊った

今から25年前の2月、「週刊新潮」に驚くべき手記が掲載された。信平狂言手記と呼ばれるもので、担当した記者は門脇護といった。この事件の背景は、教団を貶める目的で作出されたデマに、この記者が乗せられたという図式だった。門脇は猿回しの猿として、 ...

門田隆将の最近の行動をとりあげた記事

門田隆将こと門脇護は25年間の「週刊新潮」生活をへて、いまは独立して「ジャーナリスト」「作家」などと称して活動を続ける。だが現在の活動の様子はむしろ「ネトウヨ活動家」「ペンをもった右派煽動家」と称したほうがよいような代物で、この記事でもそ ...