投稿者 ‘orner’ のアーカイブ
徒然なるままに

日中友好の世紀

日中国交正常化50年の日を迎えた。戦後、社会主義体制にかじを切った現中国と、昭和の戦争で中国大陸を「侵略」した歴史をもつ日本政府が関係正常化して50年というわけである。この間、中国との関わりの中で対照的な団体が2つある。創価学会と日本共産 ...

安倍晋三とゴルバチョフの格の違い

ソ連最後の党書記長となったゴルバチョフ元大統領は、立ち行かなくなりつつあった「帝国」を改革するためにグラスノスチ(情報公開)を掲げた。民主主義国家においては当たり前のことだろうが、共産主義の総本山がそこに目をつけたのは指導者としての先見性 ...

国葬儀とともに沈没する自民党

岸田首相は安倍元首相国葬問題でしくじったと多くの人が思っている。事件直後の海外からの弔意の多さと党内最大派閥に恩を売る機会になると考えた首相の「即決」は、その後の犯行背景と統一教会問題・自民党全体との底の深い関係が浮き彫りになるにつれ“最 ...

宮本顕治の神格化が進む日本共産党

あらためて志位委員長の党創立100周年記念演説を読んでみたが、想定の範囲内だった。特徴としては宮本顕治元議長の神格化がより一層進んだという印象だ。それにより、現在の日本共産党の無謬性を固めようという意図が浮き彫りになる。1950年の党分裂 ...

志位委員長が100周年記念演説を前に会見

日本共産党の志位委員長は昨日の定例記者会見で17日に開催する創立100周年記念講演会の大まかな内容について告知した。それによると、記念講演は休憩を挟んで2時間半の長時間になる予定で、内容は「不屈性」「自己改革」「国民の共同」の3本柱になる ...

公明政治連盟への指針から60年

本日は創価学会の池田会長(当時)が公明党の前身組織である公明政治連盟に対し、基本となる姿勢を示して60年のその日となる。1962(昭和37)年9月13日、場所は東京・豊島公会堂だった。60年前の1月、池田会長にかかっていた大阪事件の無罪判 ...