カテゴリー ‘きょうの朝刊’ のアーカイブ
徒然なるままに

今も五輪中止を求める共産党

全国を巡ることになる東京オリンピックの聖火リレーが昨日福島県から始まった。本日付産経新聞によると、菅首相が予定どおりの開始にこだわった結果という。これで開催の意思を内外に明確に示すという意図だろう。これで開催しない事態となれば、明らかに「 ...

東京オリンピックのゆくえ

本日付では東京五輪についての重要なニュースが重なった。一つは海外客の受け入れ断念を正式に決定したというニュースである。日経は「五輪 苦渋の開催優先」の見出しを立てている。一方、東京五輪の是非を海外主要5カ国で尋ねた世論調査結果が発表された ...

トランプ無策とバイデン政策の明暗

本日付の朝日新聞は「世界感染者 ピークの1月から半減」の大型記事を掲載した。それによると、2カ月前の1月と比べて劇的に新規感染者が減少したのはアメリカで、1月上旬に25万人だった週あたりの新規感染者数が3月に入って6万人弱に激減した。その ...

日本が助かったのは偶然のたまもの

本日付の毎日新聞のコラムで古賀攻専門編集委員が、冒頭次の文章を書いていた。 「日本の歴史上最大の危機は、先の大戦でも、蒙古襲来でも、ましてや今のコロナ禍でもない。それは『2011年3月15日』だった」。福島第1原発事故におけ ...

ゴルバチョフ健在の記事 90歳の誕生日

本日付の東京新聞に、ゴルバチョフ元大統領の90歳の誕生日を伝える記事が掲載された。3月2日が誕生日という。ゴルバチョフ元大統領はロシアメディアのインタビューに対し、80年代後半に進めたペレストロイカの意義を強調し、核軍縮の必要性を説いたと ...

暴力政党を政権党に入れたい人びと

本日付朝日新聞に掲載された「週刊朝日」の広告の「菅政権を倒すカギは共産党」の大見出し記事に興味を覚えて読んでみた。3ページの記事だが、特に何か目新しいことが書いてあるわけではない。元は自民党にいた中村喜四郎代議士が動いて野党連合を模索して ...