カテゴリー ‘きょうの朝刊’ のアーカイブ
徒然なるままに

“神風”はなかったという文永の役

わが国の教育では鎌倉時代の文永の役・弘安の役(いわゆる元寇)についていずれも台風・暴風雨で中国軍を撃退したとして、日本が「神国」であることの裏づけとして利用されてきた歴史がある。戦中は「神風特攻隊」などの名称も生まれた。だがこのうち少なく ...

不破哲三元議長の妻が死去

本日付のしんぶん赤旗が社会面で報じたところによると、日本共産党の最高指導者をつとめた不破哲三(本名・上田建二郎)元議長の妻・上田七加子さんが17日死去した。91歳だった。夫人は1929(昭和4)年長野県生まれ、48年入党、53年に元議長と ...

実質廃案となった検事の特例定年延長問題

検察幹部の特例定年延長を盛り込んだ検察庁法改正案について昨日、安倍首相は今国会では成立を見送る考えを表明した。本日付でそう書いた新聞は見当たらないが、事実上の廃案に近いと思う。いちおう継続審議で秋の臨時国会につなげると政府は説明するが、秋 ...

減部が止まらない共産党機関紙

本日付の「しんぶん赤旗」によると、4月の赤旗拡大は日刊紙で740人減、日曜版で1495人減(いずれも全国)と両紙ともに減少したことを明かしている。1月の党大会以降、創立100周年の2年後をめざして機関紙連続拡大を合言葉にしてきたが、すでに ...

公明党がいる限り、偏狭な憲法改正は不可能

5月3日の憲法記念日にあわせて今年も安倍首相は改憲を訴えた。このコロナ騒動の最中に終息の見通しもないまま持論を展開するさまに、「コロナどさくさ改憲お断り」の意見がSNS上でも多く見られる。もっとも、私には首相が本気でこのような主張をしてい ...

コロナ改憲は動かない

本日付の産経新聞は1面で「憲法の不備 コロナで露わ」と題し、憲法改正を盛り上げる紙面を作成した。安倍首相の悲願などともいわれるこの問題だが、布マスク2枚の全世帯配布と同じくらいにピントがずれているのがわからないのだろうか。自分のコアな支持 ...