カテゴリー ‘中国’ のアーカイブ
徒然なるままに

中国の行動と論理を知る

相手が得たいのしれない存在であるとき、ひとは恐怖を感じやすい。だが相手が同じ喜怒哀楽をもった人間であり、自分と何らも変わることはなく、ただ外部環境が原因で得たいのしれない行動をとっていると理解できれば、物事の見方は大きく変わるだろう。より ...

中国には明確なメッセージが届いていない

昨日付日経新聞に中国問題に関するわかりやすい識者の声が掲載されていた。早稲田大学の青山瑠妙教授による「曖昧なメッセージ 禁物」というタイトルの主張で、それによると、「尖閣周辺の事態と相反するように見えるが、今の中国に日本との関係を悪化させ ...

日本文化と中国文化の融合

7月開催の東京オリンピックにおいて初めて正式種目となった空手は、琉球発祥の武術である。ただしもともとの影響は中国と日本からもたらされた。中国・福建省から伝わった武術と、日本の剣術・柔術などの武術が沖縄の地で融合し、独自に土着化したものとい ...

日本のトランプ信者は物事が見えていない

トランプ大統領が世界政治の最前線から姿を消してせいせいしている人は多いと思われる。私もその一人だ。一方、トランプが中国の脅威を抑止していたので、バイデン大統領になってそれが危険にさらされると考えているのが日本のトランプ信者の考え方のようだ ...

中国は日本の敵なのか

「中国は敵だ」。こうした声を発信するのは右翼陣営に多い。尖閣列島への主権侵害行為を日々聞かされている日本国民にも、似たような感情を持つ人たちが増えている。中国は習近平体制になって毛沢東独裁体制に“先祖返り”していることが指摘されるが、だか ...

日中両共産党による白鳥事件

1952年1月21日、札幌市で共産党摘発に熱心だった地元警察幹部が背後から何者かにピストルで射殺された。事件はこの警部の名字が「白鳥」といったことから「白鳥事件」と呼ばれる。実行犯は日本共産党員で、地元共産党による組織的犯行だった。当時の ...