カテゴリー ‘日本共産党’ のアーカイブ
徒然なるままに

具体的な反論から逃げるだけのしんぶん赤旗

参院選挙後半、残り1週間ほどになった段階で、「しんぶん赤旗」が7日前の「公明新聞」記事に反論している。公明新聞の6月25日付の記事に噛みついた格好だが、昔の赤旗なら翌日には反撃ののろしを上げていたと思われるから、ずいぶん対応が遅くなったも ...

バラ色の過去をふりまくだけの政党

2022年7月、日本共産党の創立100周年の月となった。いつも金曜日に届く「しんぶん赤旗」日曜版を開いてみると、「日本共産党 自由と平和一筋100年」のカラー見開きページが目にとまった。私は同党の平和主張をことさら否定するつもりはないが、 ...

日本共産党の歴史修正主義を浮き彫りにする新書

5月25日発行で中公新書から厚めの『日本共産党 「革命」を夢見た100年』という本が出版された。書いたのは学者の中北浩爾氏である。客観的な記述に加え、ときに筆者なりの評価もまじるが、歴史を正当に位置づけようとする姿勢が顕著だ。その結果、日 ...

重信房子と日本共産党

日本赤軍の重信房子元受刑者が刑期を終えて出所した際、自分のことをテロリストとは思っていないといったことを語っていた。主観的な認識と客観的なそれとの大きな乖離を感じたが、無差別殺人を行えば、それはテロにほかならない。彼女の主張を聞いていると ...

ライバル企業を洗え

仕事上さまざまな人の影響を受けてきたが、まだ20代の当初に文章の書き方から人生万般まで指導を受けたのは西日本新聞社出身で大宅壮一門下として活躍した大隈秀夫先生(1922-)である。その教えの一つに、Aという会社や団体を取材しようと思ったら ...

是々非々ではない産経コラム

産経新聞に「新聞に喝!」というコラムが毎日曜に掲載される。持ち回りで数人の執筆者が書いているが、本日付では「共産党に優しい朝日と毎日」というコラムが掲載されていた。そこで執筆者は朝日新聞と毎日新聞が共産党に優しいという裏付けとして、朝日新 ...