「志位退任」を求める声が公然と出始めた日本共産党

7月の参院選挙を終えて、全国紙では2つの組織政党に関する記事が断続的につづいている。一つは公明党の比例票の減少をとりあげ組織基盤の弱体化を指摘するとともに9月に行われる党大会において既定路線であった山口代表の交代がここに来て延期になるかも ...

浜四津敏子が掲げたヒューマニズムの政治

かつて公明党が将来は新進党という新政党に加わることを視野に入れながら、衆院議員と参院議員+地方議員を分党した時代があった。このとき参議院議員として代表を務めたのがまだそれほど長い経験をもっていたとはいえない東京都選出の浜四津敏子参院議員で ...

第3の時代

これまで何度が言及してきたが、明治維新から1945年8月までの長さをそのまま戦後に置き換えれば、先月下旬が「同じ長さ」の終焉の時期にあたった。一方、明治維新から1945までの「77年」という言い方をすれば、本日、敗戦から77年の8月を迎え ...

反社会性団体と自民党

安倍晋三元首相殺害事件が思わぬパンドラの箱を開けてしまった。安倍シンパの文化人らは当初は犯人像を左翼で、安倍批判者で、森友加計問題などで批判していたような類型を想像あるいは望んだようだったが、実態は逆だった。右翼的傾向をもつ人物で、反社会 ...

公正な政治の実現を

仮にある一つの政権で、かつてないような恐るべき不祥事が内部で発生すれば、綱紀粛正する動きが出るのは当然の流れだ。だがこの国では一国の総理による国会答弁が原因で公文書が改ざんされる恐るべき事態が発生しても、何ら綱紀粛正のための動きは発生しな ...

過去最低レベルとなった公明比例票

この参議院選挙で公明党は7選挙区で全勝、比例区で予定より1人減らしたくらいで万々歳という評価がある一方、全国比例票はかなり深刻な事態となっている。今回とった全国比例618万票という数は、比例代表制が採用された83年以降、公明党にとって国政 ...