カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

先を考えない「壊し屋」小沢一郎の見立て

毎日新聞が政治面で「自公連立20年」という関係者インタビューの連載を行っている。本日登場したのは国民民主の小沢一郎。同氏によると、「次の総選挙で『統一野党対自公』の構図になれば、必ず勝つ。旧民主党政権のトラウマとか、そんなマイナスはたいし ...

「こんなはずじゃなかった」と思ったことも

本日付の朝刊(複数)に公明党の神崎元代表がインタビューなどで再び登場している。日経紙面では、20年前に連立を決断したときの小渕首相とは政策的に理解できたが、その後の森、小泉内閣では「保守色の強い人が首相になった。こんなはずじゃなかったとい ...

改憲反対、公明支持層5割超す

共同通信社の世論調査によると、安倍首相の下での憲法改正に対する賛否を聞いたところ、公明党支持者の55・5%が反対と回答し、賛成の31・1%を上回ったことが明らかになった。9月の前回調査では反対は43・5%だったという。年代別では年齢が高い ...

改憲問題で離脱可能性に言及した神崎氏

 この10月5日が自民党と公明党が連立政権を組んで20年の節目となることから、今日付の幾つかの新聞が関連記事を掲載している。途中3年ほどの民主党政権をはさんだものの、同じ枠組みの連立内閣がここまで長く続いた例は、世界でも珍しいようだ。もち ...

松川事件と白鳥事件

日本共産党員が犯罪者とみなされて逮捕・起訴され、同党が全党あげて「無罪キャンペーン」を展開した事件として1949年の松川事件、および1952年の白鳥事件がある。いずれも権力による謀略として同党はこれまで描いてきたが、その帰結は対照的な結果 ...

不破哲三前議長を査問せよ

日本共産党の不破哲三前議長は、党内では特別扱いされている存在という。都心から離れた場所に別荘のような豪邸を構え、党職員を使い、特別扱いの恩恵を受けているとされる。普通の会社や団体ならそれで構わないだろうが、同党は「共産主義」を標ぼうする政 ...