カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

安倍政権の行政私物化法案

検察官の定年を引き上げる法案をこのコロナ渦中に安倍政権が通そうとしている問題について、ツイッター上で批判する投稿が相次ぎ、大変な事態となっている。もともと安倍首相ら政府要人への捜査権に手心を加えてもらうために意に沿う人物を検事総長にしよう ...

日本のリーダーシップの失敗

台湾につづき韓国のプロ野球が開幕する。7月に開幕できるかどうかを検討しているとされる日本とは大きな違いである。新型コロナウイルスに対する台湾の反応は「最速」だった。初報段階から中国政府の隠蔽を視野に入れながら人の行き来を止め、「最少」の感 ...

公明党がいる限り、偏狭な憲法改正は不可能

5月3日の憲法記念日にあわせて今年も安倍首相は改憲を訴えた。このコロナ騒動の最中に終息の見通しもないまま持論を展開するさまに、「コロナどさくさ改憲お断り」の意見がSNS上でも多く見られる。もっとも、私には首相が本気でこのような主張をしてい ...

コロナ改憲は動かない

本日付の産経新聞は1面で「憲法の不備 コロナで露わ」と題し、憲法改正を盛り上げる紙面を作成した。安倍首相の悲願などともいわれるこの問題だが、布マスク2枚の全世帯配布と同じくらいにピントがずれているのがわからないのだろうか。自分のコアな支持 ...

政府の外国籍者への対応を評価する

一律10万円支給のニュースが飛びかったとき、頭をよぎったのは外国籍住民の扱いがどうなるかということだった。ニュースでは「国民」というワードが頻出し、字義通りに解釈すればそこに「外国人」は含まれない。安倍首相およびその支持者は、永住外国人に ...

ウソが生んだ歪み

民主主義は自業自得の制度である。片山善博元鳥取県知事がそう語っているのを読んでまさにその通りだと膝を打った。民主主義が機能するためには前提条件が不可欠となる。有権者個々に正しい判断能力が備わっている場合にのみ機能するということだ。その意味 ...