投稿者 ‘orner’ のアーカイブ
徒然なるままに

自民族中心主義の成れの果て

日本社会がこの十数年、右傾化を続けてきたことは疑いようのない事実だ。「日本が右傾化している証拠はない」などという主張を時折見かけるが、当方の定義でいえば、その中心的な尺度が「自民族中心主義」ということになる。本日もそうした風潮を象徴する書籍 ...

成立させるには乱暴な審議を余儀なくされる共謀罪法案

3月21日、政府は犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。全国紙(夕刊)はいずれも1面トップでそのニュースを掲載した。特徴的なのは朝日、毎日、東京がいずれも「共謀罪」 ...

福島原発事故の3年前にも中国で同様の危機

21日付の朝日新聞によると、東日本大震災より3年早く起きた中国の四川大地震において、核施設の冷却水が失われる危機が生じていたという。四川大地震では死者数は9万人以上とされており、不測の事態が発生していた場合、さらに大きな被害に発展していた可 ...

かつての軍部の暴走を想起させる「日報」問題

南スーダンPKOをめぐる「日報」問題が、ここまで波及力をもつとは防衛省幹部も現政権も思っていなかったのではないか。すでに現時点では、日報の情報公開請求に対し、統幕幹部の指示で情報隠蔽したことが明らかになりつつあり、だれかが責任をとることにな ...

もはや外国人に頼るしかなくなった零細宗教団体「日蓮正宗」

創価学会青年部向けの機関紙「創価新報」が3月15日付で興味深い記事を掲載した。日蓮正宗(静岡県)の信者勧誘成果の内訳について、一昨年は日本人が63%、外国人が37%の比率であったのに対し、昨年は日本人55%、外国人45%と、外国人の比率が大 ...

東京都政をめぐる日本共産党のやっかみ

小池百合子知事が率いる「都民ファーストの会」と都議会公明党が昨日、政策合意を発表する記者会見を行った。この内容について早速噛みついたのが同じ小池でも、共産党書記局長の小池晃である。 共産の小池は、「都政大改革をやろうという都民ファーストが、 ...