カテゴリー ‘教団’ のアーカイブ
徒然なるままに

「人道的競争の時代」はいずこに

創価学会の初代会長である牧口常三郎は時代様相の変化について、軍事的競争から経済的競争、最終的には人道的競争の時代に向かうと主張した。これは人間の善性に依拠した主張だったと思えるが、21世紀のここに来て、時代は逆戻りしつつあるように見える。 ...

F君の思い出

私が高校生のとき、同じ学年でツッパリ系で目立っている同級生がいた。名前をFという。何かのきっかけで親しくなり、彼の家に何度か遊びに行った。実はFの父親は私の小学生のときの恩師(担任)だった。玄関から通されると、Fは私に「ちょっと待って」と ...

創価学会と共産党

昭和の戦前・戦中時代、時の軍部政府から「弾圧」を受けたことで両団体は共通する。ほかにも多くの宗教団体が弾圧を受けたが、創価教育学会の場合は初代会長、初代理事長(第2代会長)が入獄後も信念を曲げずスジを通したことで知られる。日本共産党の幹部 ...

70年前の2つの団体

1952(昭和27)年は今から振り返っても特殊な年だ。国家神道に頼った「昭和の戦争」で神風など一切吹かずに壊滅状態となったニッポンは、占領軍の統治下となり、みじめな時代を送った。だがこの年、日本はようやく独立を回復する。このころ、今も存在 ...

牧口会長入信の年齢

創価学会(正確には前身組織の創価教育学会)の初代会長が戦中、国家神道を支柱とする軍部政権によって治安維持法違反・不敬罪で逮捕起訴され、獄中で死去したことは比較的知られている。1944年11月、享年73。1871年6月6日生まれになっている ...

大阪事件無罪判決から60年

若き日の池田SGI会長が選挙違反事件で逮捕・起訴され、1審で無罪判決を受けて60年となる。創価学会が無所属で昭和32年の参院大阪補選に候補者を出した際の選挙で、惜しくも落選したが、その際、陣営内の一部から買収の疑いが出て、選挙運動の指揮を ...