カテゴリー ‘教団’ のアーカイブ
徒然なるままに

大阪事件無罪判決から59年

本日1月25日は若き日に創価学会の池田名誉会長が選挙違反容疑で逮捕起訴された刑事裁判で、大阪地裁で無罪判決が出された日から59年となる。1962年1月25日から2年近く前の1960年5月3日にすでに創価学会の第3代会長に就任していた池田名 ...

戸田第2代会長の遺言

本日は池田名誉会長の93歳の誕生日となる。10代で肺結核を患い、30歳まで生きられないだろうともいわれた名誉会長は、その後半世紀以上かけて自身の願業である世界平和の基盤を整えた。戸田第2代会長の生前、若き日の名誉会長は託された。「私の時代 ...

C作戦発動から30年

本日付の聖教新聞社説で、30年前のこの日、何があったかを思い出した。1990年12月27日、池田名誉会長の法華講総講頭職が一方的に罷免され、当時の一般紙にもベタ記事で報じられたと記憶する。日蓮正宗宗門によるC作戦(創価学会分離作戦)の始動 ...

1995年12月

10日ほど遅れてしまったが、今月は1995年12月4日に創価学会の秋谷会長(当時)が国会招致されてから25年となる月である。当時、宗教法人法改正案が国会審議されており、その中の1コマだった。 1995年冒頭、オウム真理教による地下鉄 ...

創価学会創立90周年の日

11月18日は1930年に創価学会の前身組織である創価教育学会が創立された日となっている。同会の初代会長となった牧口常三郎が後の2代会長である戸田城聖の協力を得て『創価教育学体系』という書物を出版し、奥付が11月18日になっていたことが創 ...

佐藤優著『池田大作研究』(朝日新聞出版)を読む

創価学会がすでに「世界宗教」として機能していることを最初に国内で語った外部識者は佐藤優氏であったとの認識がある。同氏は社会人としての前半生を外交官として過ごし、多くの学会員外交官とも触れ、ソ連勤務時代には池田名誉会長とゴルバチョフ書記長の ...