カテゴリー ‘裁判’ のアーカイブ
徒然なるままに

「北朝鮮」と「妙観講講頭」の見事なる共通点

北朝鮮という国家がマレーシアの国際空港である人物を暗殺したことが状況証拠などから明らかであるにもかかわらず、その北朝鮮自身は、「事件のシナリオを描いたのは韓国だ」「他国の自作自演だ」などと主張したことがテレビで報道されていた。人間、自分にと ...

足軽会の3人が池田名誉会長の証人申請で試みた立証内容

創価学会の元本部職員3人(小平秀一、滝川清志、野口裕介)が懲戒解雇となったのは2012年10月。彼らは同年12月に解雇無効を訴える裁判を東京地裁に起こし、14年11月に一審で完全敗訴。最終的に15年10月に最高裁で確定したことは既報のとおり ...

波田地克利が控訴した地位確認訴訟 1回で結審

2013年12月に独自グループの形成や分派活動などを理由に創価学会を除名処分となっていた波田地克利(58)が除名処分の無効を訴えて教団を提訴した地位確認訴訟の控訴審(第1回口頭弁論)が昨日、東京高裁で行われた。控訴人の波田地側は控訴人本人と ...

足軽会の3人組が教団に提出していた「誓約書」の中身

常識外れの行動を繰り返し、教団の本部職員を解雇された川崎学生部出身の3人が、自分たちの正当性を主張するあまり、いまだに教団本部に民事訴訟を訴えている問題で、このほど新たな事実が判明した。この裁判は、配転命令が不当な動機でなされたなどの理由で ...

仕事もしないで裁判ざたに明け暮れる人びと

「同志6家族から3人で3000万を超えるお金をお借りしている状況‥」 「今年8月までしか見通しがつかない状況‥」 「新しい仕事に就けば本部に戻る道を自ら断つことになる」 元職員3人(通称「足軽一派」)のブログが波紋を投げかけている。自分たち ...

ネット中傷への対処法

1月4日付のコラムと関連するが、以下にリンクの記事は、元朝日新聞記者の植村隆氏の娘がネット上で誹謗中傷され、裁判を起こし、170万円の損害賠償命令を得るまでの経緯を弁護士が語った内容である。ネット上で≪匿名の投稿≫であることをいいことに、真 ...