カテゴリー ‘裁判’ のアーカイブ
徒然なるままに

週刊新潮に小池百合子知事が一審勝訴

出張中以外は毎朝、在京6紙には目を通す。具体的には毎日、東京、朝日、産経、読売、日経だ。ほかに赤旗や地方紙も読むので、ほぼ新聞オタクともいえよう。最近社会面ではほとんど目にしなくなっていた(理由はよくわからない)「週刊新潮」の敗訴判決の記事 ...

足軽一派の起こした裁判

創価学会内の分派活動が原因で除名処分となった足軽一派が職員解雇の前提となった譴責処分などを不服として教団を提訴している問題で、7月10日、東京地裁で14回目の口頭弁論が開かれた。 この日、次回の尋問内容が決定され、次回期日の9月25日に、原 ...

足軽一派が起こした裁判

小平秀一など教団の元職員3人が、譴責処分を受けたのは不当などとして損害賠償を求めている裁判で5日、東京地裁で13回目の口頭弁論が開かれた。この日は9月25日に終日かけて尋問が行うことが決定され、さらに予備日として10月2日の午後も期日として ...

足軽会の3人が起こした蒸し返し訴訟

宗教法人創価学会の職員を懲戒解雇された元職員3人が教団に対し、配転命令が不当な動機でなされたなどの理由で損害賠償を求めている裁判で6日、東京地裁で12回目の口頭弁論が行われた。双方の書面のやりとりはすでに最終段階に入っているが、この日は被告 ...

元職員3人の本質は「すべて自分たちが善、周りが悪」との独善思考

創価学会を解雇された元職員3人になにかしらの注目が集まっているようだ。もともとこの3人は、教団という団体の職員でありながら、その教団の方針に従わず、自分たちの正当性ばかりを主張する行動にへきえきした人びとが多数存在し、解雇となった単純な事案 ...

「足軽会」構成員と妻らが提訴した裁判、最高裁へ

教団内部に生じた分派集団「足軽会」の関係者が神奈川県の地元支部長に対し損害賠償を求めた裁判で、木本貴子ら1審、2審で敗訴した一審原告らは11月7日、上告手続きを行った。また地元支部長側も高裁判決の一部敗訴部分を不服として8日、上告手続きを行 ...