カテゴリー ‘空手’ のアーカイブ
徒然なるままに

空手雑感 35

最近日本の空手を「ヤマト空手」と称することがある。松濤館空手も極真空手もその意味では「ヤマト空手」の典型だ。一方、「沖縄の空手」とは何か。これは現代の沖縄空手ともまた異なる。ヤマト空手の影響を受けていない、もともとの源流武術というような意 ...

空手雑感 34

空手とは何か。その本質を定義するのは意外と難しい。型なのか、組手なのか。突きなのか、蹴りなのか。いまの私なら、空手とはサンチンとナイハンチであると答える。 この2つの型を抜きにして、空手はありえない。個人的な見解にすぎないかもしれないが、 ...

琉球と日本

年末のこの時期になると、2年前の今ごろを思い出す。沖縄にいて、空手家の取材を本格的に始めたのがこの時期だったからだ。以来、那覇空港に降り立った回数は正確には数えきれない。通算すると3カ月以上は滞在した計算になるはずだ。若いころ、竹中労とい ...

空手雑感 33

空手流派はよく分裂する。カリスマオーナーのような存在の空手家が死亡したあと、四分五裂となった典型例が極真空手だ。そこには通常、感情のもつれが絡むので、一度壊れた組織の修復は簡単にはいかない。現在、極真空手は大きな塊が3つほどあるが、往時の ...

空手雑感 32

中年も半ばになって空手を始めてちょうど10年になる。いまは沖縄空手のほうに夢中だが、もともとは極真空手をやっていた。空手の発祥が沖縄にあり、その内容や歴史に興味を持ち始めたのは2年ほど前のことになる。私は日本本土で保存された沖縄空手のとあ ...

政府は首里城修復支援を

戦後世界に広がったkarateは沖縄を発祥とする。中でも首里城は、首里士族らが伝えた「首里手」(空手の種類)の象徴であり、シンボルとさえいえる。その首里城が焼け落ちた。過去に4度、戦火や失火で焼けているので、歴史的にみれば唯一初めてという ...