カテゴリー ‘教団’ のアーカイブ
徒然なるままに

衆院進出50周年の公明党

創価学会が初めて国政選挙に候補者を擁立したのは1956(昭和31)年。地方区(いまの選挙区)で1人、全国区(いまの比例区)で2人、計3人の当選者を生んだ歴史的な選挙だった。以来、59(昭和34)年から65(昭和40)年にかけて、計4回の参議 ...

足軽会関係者が控訴した裁判、すぐに決審

足軽会の構成員の妻などが聖教新聞の減部を願いでたところ地元支部長(当時)から信仰心を否定されてうつ状態に陥ったなどして元支部長に損害賠償を求めていた裁判で、控訴審の1回目の口頭弁論が9月11日、東京高裁で行われた。裁判は即日結審し、次回10 ...

創価学会の平和運動の原点

一日ずれてしまって恐縮だが、昨日は60年前、創価学会の戸田城聖第2代会長が「原水爆禁止宣言」を発表した日だった。現在、全国の会館で放送されている中継では、戸田会長のそのときの肉声の多くが紹介されていて、切々たる呼びかけに、文字で目にするのと ...

池田名誉会長が戸田会長と出会って70年

若き日の池田名誉会長が戸田会長に初めて出会ったのは1947(昭和22)年8月14日、東京蒲田で開かれていた座談会場でのことだった。きょうでちょうど70周年の佳節となる。 戦後の創価学会の歴史は、まさにこの日から本格的に始まったといっても言い ...

身延遊山

所用があって身延山(山梨県)に登った。日蓮(1222-1282)が晩年を過ごした聖地でもある。日蓮が後半生8年あまりをそこですごした「草庵跡」が残っていて、興味深く拝見した。いまは長さ18メートル四方の石の柵で囲ってある。驚いたのは、三門に ...

足軽一派が控訴

聖教新聞の減部を願い出たところ信仰心を否定する発言をされたなどとして原告女性らが慰謝料を求めた裁判。足軽会の中心者と同居する夫妻らが起こしたものだが、一審判決では、「あなたたちがとった集団的威迫行為のほうが不法行為に当たるので、逆にあなた方 ...