カテゴリー ‘きょうの朝刊’ のアーカイブ
徒然なるままに

慰安婦への「軍関与」を示す新たな史料

共同通信の配信記事と思われるが、本日付の東京新聞は3面で、1938(昭和13)年の外務省文書で、「陸軍側は兵員70人に対し1名くらいの酌婦を要する意向」と記述されていることを明らかにする記事を掲載した。この記事によると文書を作成したのは中 ...

男系天皇「断絶」の可能性

本日付産経新聞は「『女系容認』自民に波紋」の記事を掲載した。自民党の甘利税調会長や二階幹事長が女系天皇を容認する考えを示唆したことに対し、あくまで男系天皇の維持を求める党内の保守派議員からバッシングされる状況を記事にしている。男系は、天皇 ...

桜を見る会の首相説明、7割が支持せず

日本経済新聞社とテレビ東京による直近の世論調査で、安倍内閣の内閣支持率が50%に下がったことが本日付の日経で報じられている。10月の調査から7ポイント下落した。桜を見る会に関する首相の説明に納得できないと答えた人は7割に上っている。うち内 ...

白川勝彦元代議士が死去

昨日付の各紙朝刊によると、元自民党代議士の白川勝彦氏が11月18日、腎不全で死去した(享年74)。弁護士をへて、1979年に旧新潟4区から初当選。自民党総務局長などを歴任し、96年には第2次橋本内閣で自治大臣として初入閣した。当時の自社さ ...

前人未踏の記録

創価学会の機関紙「聖教新聞」には池田SGI(創価学会インタナショナル)会長に対する名誉学術称号の授与のニュースが時折報じられる。本日付でもインドのジャイプル・ナショナル大学から同大学の第1号となる名誉博士号がSGI会長に授与されたことが報 ...

産経新聞「広報」記者のめくらまし

安倍首相の「広報マン」にすぎないと揶揄されている産経新聞の阿比留記者が本日も自紙のコラムで、桜を見る会に関する問題で安倍首相を擁護している。前回と同じく、民主党議員も同じように選挙活動目的で活用していたというものだが、安倍首相が前夜祭まで ...