カテゴリー ‘きょうの朝刊’ のアーカイブ
徒然なるままに

五輪延期で狂った衆院解散スケジュール

東京五輪が1年後に延期されたことで、衆院解散のタイミングも当然ながら変更される見込みでさまざまな動きが出始めている。少なくともコロナ対策が一段落しない限り解散総選挙は難しいと思われるが、それでも終息すれば最短で今夏の解散もありえるなど国会 ...

森友改ざんで自殺した財務省職員の妻が提訴へ

 森友問題で文書改ざんを命じられて自殺した財務省職員の妻が本日、大阪地裁に提訴するという。被告は佐川元国税庁長官(当時の理財局長)と国という。周知のとおり、この事件では死人が出ていた。にもかかわらず門田隆将などのジャーナリストらは、森友・ ...

対照的に映る台湾と日本のコロナ対策

本日付の朝日新聞には、台湾のコロナ対策が「先手」を打ち、市民に安心感を与えており、政権の支持率も上がったというニュースが紹介されている。台湾の小中高は2月にすでにいち早く休校し、現在はすでに学校が再開されている状態という。その結果、爆発的 ...

安倍首相の強運度

20代の後半、縁あって国際選挙監視団の一員として、93年のカンボジア総選挙、94年の南アフリカ大統領選挙で仕事をした。国が派遣したミッションだったので、その後、時の総理大臣の名前で「桜を見る会」の招待状が何度か届いたが、若かったこともあり ...

投資ジャーナル元社長が焼死か

本日付の朝刊で、東京葛飾区で火災があり、ある人物が死亡したと見られることが伝えられていた。このコラムで過去に書いたことがあったかどうか覚えてもないが、私は学生時代、投資ジャーナルという会社でアルバイトをしたことがある。後に詐欺罪で立件され ...

ジョーカーを握ったままの野党連合の宿命

共産党が野党共闘への攻勢を強めている。本日付のしんぶん赤旗は、立憲民主の枝野代表、福山幹事長との会談の様子を1面トップで取り上げ、3点にわたり合意したと大々的に宣伝している。桜を見る会に関する明らかな虚偽答弁などで安倍政権がボロボロになっ ...