カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

底の抜けた大政翼賛メディア

安倍首相をめぐる一連の問題は、知り合いに対するえこひいきなど公平性のなさという問題よりも、ウソにウソを重ねて国民への説明を繰り返してきた主権者への背信的態度に本質的な問題があると感じられる。 だがそうした首相の姿勢を100%容認するかのよう ...

安倍首相を見習った(?)財務次官

上が上なら下も下だとはこのコラムでも述べてきたことだ。安倍首相について、同人を官房副長官として引き上げた小泉元首相は「嘘に嘘を重ねておかしくなった。あきれてんだよ、国民は」と週刊誌で語ったようだが、上司である総理大臣の言動を真似たということ ...

森功著『悪だくみ』を読む

昨年12月に出た本ながら、あまり書評に取り上げられなかったのか本の存在自体を3月まで知らなかった。安倍首相が関わったかどうかが争点となった「加計学園」問題について広く取材して本質を浮き彫りにした調査報道である。著者の経歴は「出版社勤務を経て ...

政治家・役人に主権者教育を

新たに防衛省のイラク日報「隠蔽」問題が火を噴いた。文民統制はまったく効いておらず、このような状況では憲法9条に自衛隊を明記する試みは、挫折に向かうものと思われる。国民世論が許さないと思われるからだ。いずれにしても露呈されているのは、行政情報 ...

「情報隠し」で一貫する安倍内閣

NPO法人「情報公開クリアリングハウス」が行った情報公開請求で、財務省が驚くような対応を最近も行ったことが本日付の毎日新聞で小さく報道されていた。請求対象は、佐川前国税庁長官の「日程表」で、1月17日に請求したものだったが、財務省は3月19 ...

空気が読めないKY宰相

ここにきてもまだ9条改憲に手を突っ込む動きが自民党内で加速化しているようだ。単純な疑問だが、公文書偽造問題について、なぜ行政の長たる安倍首相は、部下の財務省に早期の徹底解明を指示しないのだろうか。さらになぜ「勝手になんということをしたんだ」 ...