カテゴリー ‘政治’ のアーカイブ
徒然なるままに

宏池会名誉会長の提言

本日付のしんぶん赤旗に、『憲法9条は世界遺産』と題する新刊書籍の広告が出ていた。著者は自民党元幹事長で宏池会名誉会長の古賀誠元代議士。版元のかもがわ出版が共産党系であることは承知の上のことと思われるが、安倍政権がひたすら突き進む改憲路線に ...

擬態政党

 「擬態」という言葉をご存じだろうか。ある生物が自身の命を天敵から守るために背景に似た色に変化したり、逆に目立つようになる擬態もあるという。要するに、自己利益のために変態する行為だ。その最たる姿を、私は政党の中では日本共産党に見る。この政 ...

共産党が来年1月に党大会

本日付毎日新聞によると、日本共産党は来年1月に3年ぶりとなる党大会を開く方針を固めたという。同党は次期総選挙をめざし、97年間の党史において初の政権入りの下心を露骨に見せているが、この党大会に野党各党が出席するかどうか、さらに出席する場合 ...

野党連合の主役に踊り出る日本共産党

 本日付のしんぶん赤旗は1面トップで、志位委員長がれいわ新選組の山本太郎代表と党首会談を行った事実を報じている。大見出しは「野党連合政権での協力合意」で、これは事実上、山本太郎代表が日本共産党の政権参加を容認したものと受けとめられる。一般 ...

共産党と社会党

もともとこの2つの党は似たような理想(共産主義・社会主義)や国家像を持ちながら、異なる点もあった。最大の違いは、共産党は「組織的なテロリズム」に手を染めた過去があるのに対し、社会党にはそれがないことである。また戦後の日本国憲法の制定過程に ...

公明党に関する報道

新聞辞令というか新聞報道によると、公明党の石井啓一国土交通大臣の後任として、井上義久、高木陽介、石田祝稔などさまざまな名前があがっていたが、結局、赤羽一嘉政調会長代理が起用される方針となった旨が報じられている。また昨日付の日経夕刊では、7 ...