カテゴリー ‘きょうの朝刊’ のアーカイブ
徒然なるままに

革命政党とトヨタの共通項

本日付の日経「大機小機」はトヨタグループの自動車用エンジンの品質検査の不正行為を取り上げている。もともと日本企業の長所は品質の高さにあり、それを支えたのは生産現場の「ワークマンシップの誇り」であったことを指摘する。いわば職人気質の最たる姿 ...

「アジアのリーダー」でなくなった日本の行く先

すでに何度も取り上げているが、日経コラム「大機小機」は必ず目を通す。本日付の同欄では、日本の没落は政治から始まると指摘した過去の識者の発言を引用しつつ、GDPでドイツに抜かれて世界第4位になったとみられる事実などを引き、「もはやアジアの中 ...

防衛省は自衛隊の靖國「集団参拝」を禁止せよ

複数のメディア追及による陸上自衛隊幹部らの集団靖國参拝問題は、防衛大臣が「部隊参拝」禁止通達の改正に言及する事態となった。繰り返しになるが、憲法では信教の自由が保障されている。靖国神社が宗教施設である以上、そこに参拝するかどうかは自由の ...

冷静さを欠く群馬県知事

かつての群馬県議会が全会一致で賛同し民間団体が設置した朝鮮人追悼碑が本日、強制撤去されるという。群馬県の山本一太知事が根拠にするのは司法判断らしい。右派団体「そよ風」の主張を受けて、県が設置の不許可決定を出したため、追悼碑を設置した団体側 ...

共産党の名ばかりのジェンダー平等

昨日、たまたまツイッター上で記者会見の存在を知り、問い合わせると「予定どおり行われる」との回答だったので平河町まで出かけた。日本共産党の党大会を前に党執行部に不満をもつ現役党員ら7人が覆面で(実際に覆面している人は2人ほど)記者会見を行っ ...

科学の敗北

正確には地震学者の敗北というべきかもしれない。石川県を中心とする能登半島地震において「政府の初動が遅い」「石川県が地震対策を怠ってきた」などの批判が起きているが、本日付東京新聞は1面トップで、地震学者らで構成する国の機関が石川県で震度6弱 ...