ペンを持ったイカサマペテン師

“デマ製造機”の異名をもつ門田隆将こと門脇護が、本日付の産経新聞でまた奇妙な論を展開している。森友学園問題をめぐる問題で財務省職員が自殺したのは野党の責任だと述べているのだ。またそうした不都合な真実を左派マスコミは報道しないなどとも述べている。巧妙な論理のすり替えとして、興味深い事実だろう。

もともとこの問題の発火点は、安倍首相本人が国会において、もし自分や妻がかかわっていたら総理も政治家も辞めるとタンカをきったことが大きな原因となっている。その結果、野党の追及が激しくなったのは必然的なことで、客観的に見て、その最大の責任は安倍首相自身にあることは明白だ。

門田隆将が、安倍首相を擁護したがために論理をひっくり返し、都合のいい事実を切り取って野党攻撃に使っている構図である。

物事の本質はファクトにかかわる。客観的にみて最大の原因をつくった人物の責任を何ら追及しないどころか、逆にその本質そらしにいそしむためのプロパガンダ活動には熱心に取り組む。実際この人物の書くノンフィクションは、イデオロギー満載のノンフィクションとして知られ、客観的な視点からなされているわけでもない。戦前の反知性主義的状況とよく似通っている。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

現在コメントは受け付けていません。