反日新聞の「産経」を読む

本日付の「全国紙」産経新聞の1面トップ見出しは「『南京』の嘘 カナダで拡散」というものだ。同紙の「歴史戦」シリーズの一環だが、この記事では何が嘘かは明示していない。ただただ「南京事件」と「慰安婦」は虚偽であるとの印象操作を図っているだけの記 ...

習近平が3年ぶりに南京式典に出席へ

本日付産経新聞によると、12月13日に南京陥落80年となるのに合わせ、南京市で行われる追悼式典に、習近平国家主席が出席する見通しとなったという。この式典は3年前から国家レベルに格上げされている。南京市内の大虐殺記念館をはじめ、近郊各地にのこ ...

空手雑感 14

沖縄空手の稽古に何度か参加して感じることは、極真関係者は股関節が柔らかいということだ。私自身180度には到底及ばないものの、定期的な柔軟体操によってかなり開くようになった。考えてみるに、これは競技空手における回し蹴りの効用のように思われる。 ...

世紀末の1999年

本日付の各紙に、元共同通信記者、原寿雄さんの訃報記事が載っていた。私も個人的な思い出がある。1999年、国会が右旋回を始めたころ、当時、私が事務局をしていた記者団体で「時代の雰囲気とジャーナリズム」というタイトルでシンポジウムを企画して開催 ...

正当性のない行動に陰で加担する者たち

町会の役員をやっているといろいろなことを経験する。電気代や物価の上昇を理由に町会費を少々値上げすることを提案すると、執拗に反対する特定の政治グループが出てくる。いわずとしれた値上げと聞けば何にでも反対するとある革新政党だ。そうした政党がバッ ...

核と寄生虫の国

ストレートニュースで読んだわけではないが、本日付の東京新聞によると、板門店から脱北して北朝鮮側から銃撃された兵士が危険な状態を超え、回復に向かっているという。さらに韓国側の担当医の話として、臓器から大量の寄生虫が見つかったという。解説による ...