自分たちが批判するのはよく、批判されるのはダメという身勝手な共産党

今日付の「しんぶん赤旗」の首都圏面に、東京・狛江市で16年間市長を務めた矢野裕氏の演説要旨なるものが掲載されている。それによると、北多摩3区で都議選に立候補している公明党候補の告示前の演説は、「矢野市政16年間の悪口だけだったそうです」と述 ...

国政選挙に確実に波及する都議会選挙の結果

東京都議会選挙が告示された。次の国政選挙の流れを決めると言われているので、どの政党も力を結集している。国政の余波がどのような形で影響するのか、まだ未知数な部分もある。20年ほど前、フリーランスとして駆け出しのころ、東京都議選の取材に入った。 ...

黒を白と言いくるめた共産党書記局長

「政治はレッテル貼りのゲーム」とは、アメリカ大統領選挙を取材したジャーナリストの著書で最近見かけた言葉だ。私は「ゲーム」と定義するのはどうかと思うが、そうした側面があることは事実である。公明党がツイッターで発信した共産党攻撃の内容が、SNS ...

戦う前に「看板公約」が吹き飛んだ共産党

小池都知事が築地市場の豊洲への移転を正式表明した。日経の1面トップは「豊洲に移転 築地は再開発」の見出しだが、毎日新聞によると、「小池氏側近は『現在の築地をそのまま復活させるような「再整備」でなく、「再開発」という表現にしたのがポイントだ』 ...

共産党・小池書記局長の虚偽発言

本日付の政党機関紙「しんぶん赤旗」と「公明新聞」が同じ題材を使って互いに応酬を行っている。両党で、同日付で同内容を扱った記事が出るのは珍しい。その内容は日本共産党の書記局長がテレビ番組で発言した内容が問題となっているものだ。 テーマは防犯カ ...

毎日と読売

およそ政治的主張では対照的とされる「朝日」VS「産経」と同じく、「毎日」と「読売」も対照的な新聞といえる。その毎日と読売の1面トップで、本日付では対照的な見出しが掲載された。毎日は共謀罪について「週内成立へ」と確定的な見出しを打ったのに対し ...