「ベストの解決策は共産党の路線転換」

世の中には似たような考えを持つ人はいるようで、本日付読売新聞に登場した一橋大の中北浩爾教授が面白いことを語っている。同教授によると、現在の野党は「史上最弱」で、「ここまで野党が弱かった時代はない」という。その中にあって、野党連合の最大の障害が日本共産党の存在であることを指摘。共産党と政治的に共闘することで「政権戦略を描けなくなっている」とのジレンマを正確に言い当てている。同教授によれば、「ベストの解決策は共産党の路線転換だが、当面それが困難である以上、答えは簡単には見つからない」と述べている。結論として、「現状のままの野党では勝てない」。日本共産党が安倍政権を継続させる最大の原因であり、この党が体質改善しない限り、政権交代が起きにくいことを示している。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

現在コメントは受け付けていません。