歴史を弁えない共産「擁護」の識者たち

 いまの野党連合の絵を描いているのはだれか。一般には小沢一郎と見られている。その小沢は時の与党をひっくり返し、政権交代を2度成功させた実績を持つが、その後、長続きしたためしは一度もない。要するに、壊すは易く、継続は困難ということだろう。民主党政権がその最たる例だ。政治は継続しなければ意味はない。その点ではいまの野党連合のあり方は、すでに既視感が明確にあるものだ。ただ一つ異なるのは、今回の野党連合には独裁を旨とする共産主義政党が混じっていることである。一面それは現状においてはメリハリ感を与えるものになっているかもしれないが、この政党の本質を見抜く者からすれば、それは安倍政治より数段おぞましい局面を見せられることを予期する。いま、「しんぶん赤旗」紙面に臆面もなく登場し、日本共産党の与党入りに賛同の声をあげている学識者らは、目先の安倍政権を倒すことしか眼中になく、その先にある危険性はまるで視野に入っていないようだ。その危険性の証明は、すでに多くの国で実証済みである。歴史を振り返らない健忘症たちが、日本共産党の与党入りを推進しているといってもよい。それは、かつての昭和の戦争の負の歴史を、正当に振り返ろうとしない右派の体質とまったく同じものだ。私が極右も極左もその本質はよく似ていると指摘するのは、こうした理由による。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

現在コメントは受け付けていません。