信じるものがコロコロと変わる政党

日本共産党は自称では1922年に創立したと主張している政党であり、当時、ソ連が主導権をもつコミンテルン(国際共産党)の日本支部であった関係で、出自において彼らが信じたものは、ソ連であった。その意味で当時の彼らの「本尊」はソ連共産党だったといえる。世界情勢において当時、社会主義国はすぐには広がらなかったが、戦後、中国や東欧など多くの社会主義国家が生まれた。その中には北朝鮮も含まれる。当時の日本共産党が信じるものは「社会主義諸国」であり、これは創立時とたいして変わらない。ところが1960年代に入り、ソ連や中国との関係がうまく行かなくなると、それらを信じる力は弱まっていったようだ。さらに91年には党創設時の「神様」ともいえた存在の肝心のソ連が崩壊してしまった。加えて北朝鮮が過去に日本人を拉致したことも明らかになった。ここに来て日本共産党は、ソ連や、北朝鮮を信じる対象から外す。その結果、2004年時点で、彼らが期待を寄せる国は、中国、キューバ、ベトナムくらいしか残らなくなった。そして今――。すでに中国さえも信じる対象ではなくなった。このように日本共産党が信じ続けてきたものは、すべてが「誤り」と化した。いま彼らが信じる対象は、もはや自分たちの未来だけである。どんなに他の共産主義国が間違った先例を残したとしても、自分たちだけは間違っていないと思い込む幼児的な心理状態といえる。その意味で、日本共産党は「大人の政党」ではなく、「幼児の政党」と形容されても仕方がない。仮に同党が「大人の政党」であれば、当然、綱領の内容を抜本的に変更し、党名も変更しているはずだからだ。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

現在コメントは受け付けていません。