2019年4月の月別アーカイブ
徒然なるままに

どこまで行ってもユートピアの共産党

日本共産党が15年前に策定した現行綱領を熟読してみた。日本において民主主義革命を推し進め、さらに「社会主義・共産主義をめざす」とある。一つの特徴は、過去のソ連を滅茶苦茶に非難し、あれは本当の社会主義ではない、「ソ連の解体は、資本主義の優位 ...

当ブログが足軽4人組にとって都合の悪い理由

足軽会の問題は別段複雑な問題ではない。極めてシンプルな問題だ。裁判を起こして最近も完全敗訴した「3人組」の問題は、信仰姿勢において「自省」する視点を持ち合せているかどうかという問題にすぎない。彼らは神奈川県川崎市の学生部時代に起こした自ら ...

ゾンビのように蘇った政党

日本共産党の歴史を5つに分ける考え方がある。非合法時代の第1次、第2次、さらに戦後の徳田球一時代の第3次、さらに宮本顕治時代の第4次、さらに不破・志位体制の第5次で、現在は第5次共産党ということになる。共産党は徳田時代に暴力路線に突き進み ...

歴史を忘れる人間なるもの

本日付産経新聞モスクワ発の記事によると、ヒトラーと並ぶ大虐殺の張本人スターリンに肯定的な感情をもつロシア人が増えているという。世論調査で初めて肯定的評価が半数を超えたと報じている。これは日本でいえば、先の昭和の戦争が「正しかった」と感じる ...

反省を知らない足軽3人組の完全敗訴

創価学会の青年向け機関紙「創価新報」の4月17日号で、足軽会3人組が先の東京地裁で2度目の完全敗訴をした判決について特集記事を掲載した。今回の一審判決では3人の行動の「本質」が見事なまでに抉られており、その内容について詳述した形だ。判決文 ...

共産独裁政治よコンニチワ

日本共産党が現職議員をあえて辞任させてまで独自候補を無所属で出した衆院大阪12区補選。昨日立憲民主党の枝野代表らが現地入りしたことで、共産党がはしゃいでいる。だが立憲民主が本気の共闘をするなら、枝野代表自ら応援のマイクを持つだろう。だがそ ...