カテゴリー ‘訃報’ のアーカイブ
徒然なるままに

謀略紙『慧妙』に書かれない“不都合な真実”

日蓮正宗の前法主・阿部日顕が9月20日に死去したことで、『慧妙』が追悼の紙面を掲載している。「前御法主・第67世日顕上人御遷化あそばさる」という大見出しのもと、記事には「御歴代上人のうちでも最長寿を刻まれた」「宗祖以来の富士の清流を守り抜 ...

日蓮正宗の阿部日顕が死去

日蓮正宗の前法主である阿部日顕が20日未明、死去した。享年96。21日付の新聞の訃報記事によれば、密葬は22日19時、23日19時、24日10時、本葬は10月9日19時、10日19時、11日9時。いずれも静岡県富士宮市の大石寺で行われると ...

「噂の真相」元編集長が死去

本日付の各紙は沖縄在住だった月刊誌「噂の真相」の岡留安則・元編集長の訃報を伝えている。1月31日肺がんのため那覇市内の病院で亡くなった。享年71。

一ノ瀬泰造の母が逝去

本日付の朝日新聞の訃報面で、一ノ瀬泰造の母、一ノ瀬信子さんが12月3日に死去したニュースを目にした。一ノ瀬泰造はカンボジア内戦中に現地で消息不明となり、後に殺されていたことが判明した戦場ジャーナリストのはしりである。私とは同県人であり、政党 ...

週刊新潮の松田宏元編集長が死去

本日付の産経新聞によると、1993年から2001年にかけて週刊新潮の編集長を務めた松田宏氏が5日死去した。享年77。同氏は週刊新潮の名物編集長として知られた時期があり、日蓮正宗僧侶と創価学会地域幹部の交通事故をまるで意図的殺害のように記事に ...

元公明党書記長、市川雄一が死去

私にとって、当時は政治が面白く感じられた珍しい季節だった。1990年代初頭から半ばにかけての政界激動の時代に、大きな手腕を発揮した市川雄一氏の訃報記事が本日付で一斉に掲載された。興味深く感じたことは、各紙の訃報評伝に多くのエピソードが散りば ...